更新履歴
たくさんのカプセル

ED治療薬の多くは海綿体の血管を拡張させる効果があります。
1990年代前半、シルデナフィルという薬が狭心症の治療薬として研究されましたが、その薬は結果として勃起効果があると判明した後に現在のバイアグラとなりました。
さてED治療薬には飲むタイミングがあります。一度飲むとその効果はいつまでも続くわけではありません。
服用時間としては、ED治療薬には即効性のあるタイプと即効性に欠けるものの効果の持続時間が長いタイプがあります。
即効性のあるタイプは性交渉を行う30分から1時間前に服用するのが効果的で、即効性の無いタイプは性交渉の2時間以上前に服用しておくことが大切です。
大体効果は約4~5時間程度の持続します。
またもうひとつ大切な要素があって、これが空腹時に飲むということです。
病気の治療で飲む薬は一部のものをのぞいて「食後」が一般的ですが、ED治療薬の場合は食後に飲むと有効成分がうまく吸収されず効果が半減してしまうのです。
特に脂っこいものを食べた後では有効成分の吸収が妨げられてしまいます。
脂質とED治療薬の成分が結合してしまい吸収されなくなってしまうのです。
ED治療薬の適切な服用方法としては、先述の通り食事との相性があまり良くないので、薬を服用するのは食後から2時間以上の時間を空けるようにすることで薬の効果を引き出せます。
ED治療薬によっては700キロカロリー程度の食事なら問題ないタイプもあります。
「ED治療薬を飲んでみたけど全然効果がなかった」、その理由を確認してみると服用のタイミングに原因があった場合がほとんどです。
服用方法の注意点として、ED治療薬に限らず薬全般に対しても言える事がですが、グレープフルーツとの相性が良くありません。
薬を服用するときはグレープフルーツジュースなどは控える事が大切です。
血中濃度が高くなり重篤な副作用を発生させてしまう可能性があります。
ED治療薬はお酒との相性もあまり良くありません。
少量のアルコールの場合は血管の拡張効果と精神的にリラックスできる効果を持ち合わせていますが、過度にアルコールを飲んでしまうと、アルコールが原因で勃起不全になってしまいます。
出来る限り薬を利用するときはアルコールは避けるのが望ましいです。
ED治療薬を適切な服用方法で利用することによって、心因性や器質性の勃起不全の症状を効果的に改善し、満足のできる性交渉を行う事が可能になります。

ED治療薬の選択

男性の生殖機能にまつわるEDや短小、早漏などのトラブルは、男性にとってつねに付きまとうリスクです。
ペニスの状態や生殖機能は男性の精神面の状態とも強い結びつきを持っています。
なので、根本的なEDの治療はやはり精神的な面のケアが重要であり、日々の生活の中でストレスをため込まない事が大切であるといえます。
しかし、精神面ケアだけではどうにもできない部分もあります。
その場合にはED治療薬を利用してみると、症状解決の糸口がつかめるかもしれません。
もし利用したいと考えているなら、ED治療薬を通販で入手することができます。
医薬品からサプリメントまで様々なED治療薬が存在しています。
気を付けなければいけないことは、インターネットで安価な値段で発売されている薬を買ってしまったら、効果がイマイチだったりなどの問題も生じかねないことです。
必ずしも、安価な薬の効果がイマイチとは限りませんが注意が必要でしょう。
ですが、イマイチ効果のない薬をつかまされるのならば、きちんと医者の意見を貰って一緒にED治療薬を選んでゆくのが望ましいでしょう。
ED治療薬の治療効果は個人差があるので、自分にあった治療薬の選択が重要なのです。
ED治療というのはバイアグラなどのED治療薬を使用することで勃起状態を持続して正常な性交を行うことができるようにするだけではありません。
薬だけに依存してしまうと失敗してしまう可能性もあります。
EDの原因とされているのは不規則な食事や職場などのストレス、過度なアルコールや喫煙などの生活習慣であると考えられています。
糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病をもっている患者はEDになるリスクが高まってしまいます。
治療方法は原因によって異なるのですが、ストレスなどの心理的な要因がある場合には不安が強かったりします。
うつ傾向が強い場合が多いので抗不安薬などを服用しながら改善をする必要があります。

EDと更年期の関係性について

EDと男性更年期障害は、密接な関係性を持っています。
老化によって血管が収縮しますと、その管に流れる血液量が減少します。
血液の減少は体の各部に悪影響を及ぼします。
血管の萎縮は老化現象の一つですので、それ自体を防止する事は困難です。
冷え性や足腰の衰え、つま先がつりやすくなる等、いささか厄介な体質になるのです。
血液量の低下は真っ先に男性の下半身に悪影響を与え、慢性的なEDに陥らせるのです。
相思相愛の女性と性的な関係を持ちたいと思っても、下半身が言うことを聞かない状態になります。
40代以上の男性であれば、EDのリスクを高確率で抱えていますので、
そういった問題への対処法は、自分なりに準備しておく必要があるでしょう。
ED治療薬を処方してもらうかバイアグラなどを個人輸入して行為の前に服用する。
ジムやプールで血液改善に繋がる運動を始める等、日々の地道な努力が女性との素敵な時間に結びつきます。
元々平均体重よりも痩せている男性、低血圧症の方は特に血流関係の勃起不全になりやすい傾向があります。
しかしながら、40代から50代の間にサプリメントやジムのトレーニングそしてED治療薬等で対策を講じておけば、50代以降の現役を続けられる下半身を維持出来ます。
加齢によるものの場合には生活習慣を改善することで勃起状態を維持出来るだけの体力をつけていきます。
ED治療薬としてはバイアグラが処方されることが多いのですが、心疾患の持病を持っている患者に対しては処方することができないので、心理療法やその他の薬などで対処することになります。
EDは心理的な要因と体力的な要因がどちらも関わっていることが多いので、薬だけに頼ってしまうと根本的な治療が失敗してしまう可能性があります。
失敗しないためには専門医による診断を受けて、アドバイスに従って生活をしていくことが大切です。

記事一覧
考える男性

勃起不全は、主に心因性と器質性と薬剤性の3つが主な原因だと思います。 30代や40代の若い方の勃起不...

最近の投稿
アーカイブ