• 学校の中のプールで水に慣れ親しむ

    皆さんは学校でのプール授業は好きでしたか?小さい時は男子の前で水着になることが恥ずかしく思ったものです。

    今は中学校でも高校でもプールがある学校がたくさんあります。

    夏は授業に利用し冬は市民に貸し出している学校もあるそうです。

    しかし、ある事件がきっかけでプールでの監視員は資格を持った人でないといけなかったり、安全管理マニュアルの作成を義務付けられたりなど管理方法が変わり、プール開きが出来なかった学校もあるそうです。

    しかし、小さい頃から水に入り水泳をすることに慣れていると、大きくなって海水浴場にいったときでも水に入る時の注意点や知識は身体で身に付いているものです。

    出来るだけ小さな時から水に慣れ親しむと言うのは大切なことではないでしょうか。

    確かに水に入ること、水泳をすることを教えている最中に事故にあっては本末転倒でしょうが、監視員の資格もそうですが監視する教師の人数などを増やすなどして安全に授業を行ってほしいものです。

    温泉プールで癒される

    最近の温泉はプール付きのところが多くあります。

    子供連れの家族や恋人同士、友達同士で来てもプールが付いていると楽しく遊ぶことが出来るのではないでしょうか。

    温泉施設では送迎バスが出ているところもあり、自分の車を出さなくてもいいので利用しやすいのも特徴ですね。

    子供も学校よりは、滑り台あり、波の出るプールありというところの方がさらに楽しめるかもしれません。

    また、十分に遊んだ後はゆっくり温泉に入って美味しい料理を食べるなどすると、1日中子供も大人も楽しめて時間が経つのも忘れそうです。

    休憩所も完備している施設もあるので、疲れたお父さんが休むにもいいかもしれません。

    プールの楽しみ方

    設備内に温泉やプールがあると、日焼けを気にしたり、天気を気にしたり、気温を気にしたりすることなく遊ぶことが出来るので計画を立てやすいでしょう。

    温泉施設を利用して家族サービスをすることで、自分ものんびりすることができますし、子供からの両親の株が上がるかもしれませんね。